優秀な営業マンの特徴とは?【たったこれだけ?7つの特徴】

”優秀な営業マン”を見たことがありますか?

私は数々の優秀な営業マンを見てきましたが、中には、常識を覆すような人や、パッと見は「本当に優秀なの?」と思うような人など特徴は人様々です。

ここで一つポイントなのが、優秀な営業マンには独自の強みに+αの要素があることが多いのですが、一転して全員に共通する項目もいくつかあります。

その優秀な営業マンが持っている共通の特徴を紹介していきます。

優秀な営業マンの特徴とは?【知ってると得する7つの特徴】

  • ①行動量が多い
  • ②対応が早い
  • ③めげない心を持っている
  • ④コミュニケーション能力が高い
  • ⑤演じることができる
  • ⑥長期的な思考
  • ⑦メリットよりベネフィット

上でもお伝えしたように、営業スタイルや考え方は、人それぞれです。

その中で優秀な営業マン、売れる営業マンが一貫して行っている行動や、考え方を一つずつ見ていきましょう。

①行動量が多い

優秀な営業マンの特徴1つ目は「行動量の多さ」です。

中には、経験年数もあって、ベテランの方だとリピート顧客がいて少ない行動量で効率よく売上を上げている方もいますが、その方も初めは行動量に担保して営業していたはずです。

何事も楽して上手くいくことなんてありません。

初めは結果が出なくても、泥臭く、数をこなすことが大事なのです。

また、言われたらすぐ動くなど、行動に移すまでが早いという特徴もあります。まずはやってみる、それでダメなら考えるという感じで、とりあえずやってみることが大切だということがわかっています。

何事もやってみないと分かりません。
やる前からあーだこーだ言ってる間にどんどん差を広げられてしまいます。

口より先に行動を意識してやっていきましょう。

よく、「結果を出す人はやること(仕事)が早いですよね。」と言われることがあります。

決して間違いではなく、結果を出す人は仕事が早いのですが、
それよりも仕事に取り掛かるまでが早いといったほうが正しいかもしれません。

作業効率は人それぞれですが、共通しているのは取っ掛かりまでのスピードです。その点も頭に入れておいて損はないと思います。

②対応が早い

優秀な営業マンの特徴2つ目は「対応が早い」です。

職場の人や上司に「これやっといて」と言われたことや、仕事上のメールなど、とにかく対応が早いです。

お客様からのメールに対して、すぐに対応できる人は、
それだけで「信頼」を得ることができます。

「この人に聞けば、すぐに答えが返ってくる」

そう思ってもらえるように早めの対応を心がけましょう。

また、対応を早くすることにはもう一つメリットがあります。
それは、「頭の回転が速くなる」ことです。

どういう事かというと、メールを見てすぐに内容を理解して、返事する。内容によっては、別の資料が必要な場合もあるし、逆に送られてきた資料を見て判断する場合もある。

状況に応じて、瞬時に適切な対応をすることが求められるので、おのずと頭を回転させて考えることになる。

というように即時対応が習慣化すれば、自然と考える力や情報をとる力が身について普段の仕事にも良い影響を与えてくれるようになります。

メールでの即時対応が怖い、もしくは難しいという方は、まずは日常生活で使っているLINEなどの返事を早くしてみてはいかがですか?

レスポンスのスピード、対応の速さという点においては同じことです。
身近なものから実践していくのも一つの手段です。

③めげない心を持っている

優秀な営業マンの特徴3つ目は「めげない心を持っている」ことです。

売れてる営業マンに「営業にとって一番大事なものはなんですか?」
と質問をしたときに、意外と最も多いのが「めげない心」なのです。

営業をやってるあなたなら、もうお分かりだと思います。

「契約が取れない」「やると言ったのに直前でキャンセル」
「アポが取れない」「電話してもガチャ切りされる」などなど

一筋縄でいかないのが営業です。

飛び込み営業でも、テレアポであっても断られることなんて日常茶飯事で、時には罵声を浴びせられたり、嫌なことを言われたりと心をグサグサとナイフでえぐられることも多々ありますよね(笑)

そんなことで、いちいち一喜一憂していては先に進めません。

嫌なことがあっても「次、次!」という気持ちに切り替えて、すぐに次の行動をとれる人が結果を出すことができます。

よく「お客様に裏切られた…」という人がいます。
内容を聞くと、「契約すると言ってたのに直前で別の取引をしていた」というのです。

よくあることです。多くは握りの弱さに原因があります。
すぐに契約書を送っていなかった、きっちりと不安を解消できていなかった、何を基準に契約をするのか聞いていなかったなど理由は様々ですがこの握りが弱いと契約をとれないことが多いです。

また、「検討する」という言葉を鵜呑みにしている人も多いですが「検討する」はほとんど断り文句です。

日本人の人間性でもありますが、直接断るのが苦手という人が多いのです。
そんな人が断る時に使うのが「検討します」というワードです。

「検討します」と言われたら何が引っかかっているかを聞きましょう。
「何と検討するのか?」「いつまでに答えが出るのか?」

ここを詰めることができるのが優秀な営業マンの特徴の1つです。

④コミュニケーション能力が高い

優秀な営業マンの特徴4つ目は「コミュニケーション能力の高さ」です。

今の時代、よく言われますよね。

「コミュニケーション能力が大事」
「コミュニケーションが取れないと採用されない」など

しかし、多くの人はコミュニケーション能力について分かっていません。

では、営業においての「コミュニケーション」とはどのような能力なのか?
多くの人はコミュニケーション能力=人と話す力
だと思っていませんか?

間違ってはいませんが、決してこれがすべてではありません。
「コミュニケーション」を取るにはもっと大切なことがあります。

それは「人の話を聞くこと」です。
この本質に気づいていないと、勘違いして恥ずかしい思いをすることになるかも…。

【苦手克服】コミュニケーション力とは?仕事で役立つ思考法

⑤演じることができる

優秀な営業マンの特徴5つ目は「演じることができる」です。

「何を?」って感じですよね(笑)

何を演じるかというと、「仕事ができる人」と「暇人」の2種類です。

なぜ、この2種類の「人」を演じるのかというと、「仕事ができる人」を演じることで社内でも社外でも一目置かれる存在になれ、「暇人」はチャンスを掴むことができるからです。

当たり前ですが、お客様はどうせお金を払うなら「仕事ができる人」から買います。頼りない人や、知識がなさすぎる人からは買うことはほとんどありません。

営業1年目や新人営業マンにありがちなのですが、「私、新人なんで」とか「初めての契約をください」と言う人も多くいますよね。

ここで考えてほしいのは、お客様のことです。

「新人だから何?」と何りますよね。
営業とはその業界のプロでなくてはいけません。

1年目の新人も10年目のベテランもお客様からしてみれば全く関係ありません。プライドを捨てるのは良いことですが、自分がプロということを忘れていけませんね。

「初めての契約を~」という方もいますが、トップ営業マン、もしくは優秀な営業マンになりたいなら、今すぐ辞めましょう。

なぜなら、この手法で契約を取れるのは1件目だけです。
とりあえず契約を取って感覚を掴むという考え方もありますが、おすすめはできません。

自分の力で0から1を生み出すことに意味があり、その経験・結果が次につながります。しかし、「初めての契約をください」と言って勝ち取った契約からは何も生まれないのです。

もし、あなたがトップ営業マンを目指しているなら

楽して1件の契約を取るな!

何度も失敗を重ねて、悔しい思いをして、1件を勝ち取りましょう。

もう一つが「暇人」です。

例えば、社長がある仕事を誰かに頼もうと、社内を見渡した時に暇そうにしてるやつにお願いをすると思います。

分かりましたか?

どれだけ忙しくても「暇人」演じれる人はチャンスが降ってくるのです。自分から発信することが苦手という方は、勝手にチャンスが降ってくるように「暇人」を演じましょう。

社内でインバウンドマーケティングを自分で作ればいいのです。

お客様相手でも同じです。
忙しそうにしてる人には、人間お願いしづらいものです。

暇を演じることで、「相談しやすい人」になることができるので、営業マンとしてはかなり良いことですね。

⑥長期的な思考

優秀な営業マンの特徴6つ目は「長期的な思考」です。

簡単に言うと、「目先の数字を見ない」ということです。

多くの営業マン、特に1年目のまだ売上が立たないときにありがちなのが、
毎月毎月、目の前の数字だけを追いかけている人が多いです。

悪いことではないのですが、目の前の数字だけに囚われていると、
翌月も、その次の月も、と同じことの繰り返しになってしまいます。

売れる営業マンほど、長期的に物事を見ていることが多いです。

1年後、6か月後、3か月後、2か月後という風になっていますが、
私の場合、1年後や6か月後は情勢的にもどうなってるかわからないので
2か月後、3か月後くらいを見据えて動いてることが多いです。

そのため、4月の段階では、6月・7月に数字になるための行動を取ることになりますね。

なんとなくイメージできますでしょうか?

要するに、売れてる営業マンからしてみれば、
4月に4月の数字を追ってる時点で、もう遅いのです。

この考え方を変えないと、ずっと目の前の数字を追いかける日々から、抜け出せなくなってしまいます。

✔目の前の数字に追われているならこちらを
営業で売れない人の悩みとは?【現役営業マンが語る4つの悩み】

⑦メリットよりベネフィット

優秀な営業マンの特徴7つ目は「メリットよりベネフィット」です。

「メリット」は聞いたことあると思いますが、
「ベネフィット」という言葉を聞いたことはありますか?

マーケティングの分野でよく使われる言葉なので、
知ってる方もいるかもしれませんが、簡単に説明します。

ベネフィットとは?
ビジネスで使われるベネフィットとは、商品やサービスを購入した人が得られる「利益」や「幸せ」を指します。

「メリット」はその商品の特徴や魅力です。

例題)ダイエット商品

「1日1回飲むだけで!〇〇エキス配合だから、
1か月で痩せれるサプリメント!」

この場合のメリットは下記のとおりです。
メリット:「1日1回飲むだけ」「〇〇エキス配合」「1か月で痩せれる」

では、ベネフィットはというと、
ベネフィット:「好きな人を振り向かすことができる」「入らなくなったズボンが履けるようになる」

いかがですか?
「メリット」と「ベネフィット」の違いは分かりましたか?

メリットは強みや魅力を伝えるものです。
これでは、元々の購買意欲の高いお客様には刺さるかもしれませんが、
それ以外の人はイメージがしづらいです。

そこで重要なのがベネフィットです。
ベネフィットは「メリットの先にあるもの」を言います。

そのため、「ダイエットすることで、その人が得られる未来を想像」させることでお客様はよりイメージしやすく「買いたい!」という気持ちが高まるのです。

「ベネフィット」を求めてる人に「メリット」を伝えても何も響きません。

売れてる営業マンはこの「メリット」と「ベネフィット」の使い方を理解しています。今後、トップ営業マンを目指すなら「ベネフィット」を意識していきましょう。

なるほど。売れない理由が分かってきた気がします。

営業マン

しゅん

分かるところまで来ればあとは実践あるのみですね!

まとめ

いかがでしょうか。

優秀な営業の共通している特徴を紹介しましたが、特別なことではなく、誰でも明日から実践できることばかりだと思います。

「演じること」や「ベネフィット」なども何回もやって経験を積んでいくと、感覚をつかめるようになってきます。

何事も経験に勝るものはありません。

そして何より、優秀な営業マンも”天才”ではなく、みんな同じです。
少しの行動や考え方が違うだけで、いつの間にか大きな差になっているものです。

あなたも少しずつでいいので実践してください!

売れる営業マン常識破りの3テクニック【売れない営業との差】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA