webライターで副業を始めるなら知っておきたい辛いこと&良いこと

人気が高まっている「副業」
中でもwebライターとして副業を始めようとしている方も多いのではないでしょうか?

「webライターは稼げる」
「webライターは初期費用なしで始められる」

などの情報がネット上や世に出回っていますが、
実際のところどうなのか気になりませんか?

リスクがないとは言え、始めてから後悔するのは嫌ですよね?
始める前にwebライターの辛いところや良いところを知っておきましょう。

私自身、未経験からフリーライターへと転身したので
その経験を踏まえてお伝えしていきます。

しゅん

いいことばっかりじゃない、ちゃんと辛いことも知ったうえで始めましょう。

webライターで副業を始める【辛いこと】

webライターは実際のところ未経験でも稼げるので
副業としては本当におすすめです。

ただ、いきなり稼げるのかと言われると微妙です…。

少し時間はかかるかもしれませんが、
コツコツ実績を積んでいけば月数万円程度であればすぐに稼げるようになります。

その前に未経験からwebライターになった場合の辛いことを3つお伝えしていきます。

  • 中々案件が取れない
  • 初めは単価が低い
  • 時間管理が難しい

中々案件が取れない

まず初めに苦労するのが案件が取れないことです。

元々ライティング業をやっていた人なら、実績・経験があるので
すぐに案件を取れるのですが、未経験から始めようとすると本当に中々案件が取れません。

主にクラウドソーシング系に登録して案件を探すことになるのですが
できそうな仕事を探して、提案しても断られることが多いです。

クラウドソーシング系はコンペ方式なので、
一つの案件に対して、複数人が提案しています。

プロのライターもいれば実績十分のベテランライターもいます。
その中で契約を取らないといけないので初めは苦労すると思います。

もし難しいと感じたら、どれだけ単価を下げてでも一件契約を取ってください。
一件契約を取って、納品まで完了すれば、それがあなたの実績になります。

ポートフォリオを提出してくださいと言われれば、その記事を提出すればいいし、何より自身が付くと思います。

MEMO
初めの一件までが辛いだけなので、まずは何でも良いので案件を取りましょう。

初めは単価が低い

こちらも辛いポイントですが、初めは単価が低いです。

基本的に「文字単価」で決まることが多いのですが
標準が文字単価1円なのに対して、初めは1円では契約が取れません。

初心者でライティング経験がない方だと文字単価1円以下が当たり前になってきます。中には文字単価0.2円などの格安案件もあります。

はっきり言って、文字単価1円以下だと本当に稼げません。
月5万円と言う目標を決めたとします。
文字単価1円の場合、2000文字の記事を25本書く計算になります。

これくらいなら毎日1本ペースで書けばいいのですが
文字単価0.5円などになると50本になってしまいます。

本業のことを考えると少し厳しいような気がしますね。

いかに早く単価を1円以上にできるかがポイントになってきます。

MEMO
自分のスキルや経験に合わせて単価アップ交渉なども行って効率よく稼げるようにするのが大切です。

時間管理が難しい

初めは時間コントロールが難しいかもしれません。

フリーランスは自由に仕事をできるのがメリットですが、
ライターは自分が記事を書かないとお金になりません。

会社のように決まった時間に行って、決まった時間に帰るわけではないので、初めは自分で時間をコントロールすることに慣れることが大事ですね。

稼ごうと思って、たくさんの案件を抱え込んでしまうと
パンクしてしまうので、自分のキャパを考えながら案件を取るようにしましょう。

webライターで副業を始める【良いこと】

辛いことばかりではありません。

webライターををすることで嬉しいことやメリットもたくさんあります。

  • 好きな場所・好きな時間で仕事ができる
  • 書いた分だけ収入になるから分かりやすい
  • 視野が広がる
  • 継続で依頼がもらえた時うれしい

好きな場所・好きな時間で仕事ができる

まずはフリーランスの特権ですね。
「好きな場所で好きな時間に仕事できる」ことです。

これは上でお伝えした「時間管理」が上手くできるようになると、
それがメリットになります。

初めは辛いかもしれませんが、
すぐに働き方のコツを掴んで少し楽になると思います。

カフェで優雅にパソコン開いて仕事…。
憧れている人も多いのではないでしょうか。

好きなように働けるのは良いですよね。

書いた分だけ収入になるから分かりやすい

ライターは文字単価、記事単価で収入が決まるので
非常に分かりやすいです。

また、月の目標額に達するために
必要な文字数や記事数が逆算すればすぐに出せるので
仕事の取り方やスケジュールなどの調整もしやすいです。

視野が広がる

webライターは得意分野だけ書くわけではありません。
特には全く知らない業界の記事を書くこともあります。

そんな時、一から勉強して、調べて記事を書くので
色々と勉強になることが多いです。

初めは得意分野に絞って案件を取ることをおすすめしますが
慣れてきたらジャンルを変えてみるのもいいかもしれませんね。

色々なジャンルに携わることで知らなかったことが知れて
視野が広がるはずです。

継続で依頼がもらえた時うれしい

何より、書いた記事で喜んでもらえて
継続して依頼をもらえた時、とてもうれしいです。

自分の書いた記事が役に立ったこと
自分の書いた記事で誰かが喜んでくれたこと

それだけで次も頑張ろう!
って思えるものです。

誠意を持って、適当にやるのではなく、120%で価値を提供しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

webライターを副業から始めるのはとてもいいと思います。
ゆくゆくはフリーランスとして活動することもおすすめします。

ライティングスキルは色々なところで活きてきます。

特にwebライターはSEOの知識やマーケティングの知識も身につくのでやっていて損はないと思います。

初めは辛いかもしれませんが、すぐに楽しくなると思います。
めげずに頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA