【シンパシーとエンパシー】リーダーに求められる能力とは?

「シンパシー」と「エンパシー」という言葉を聞いたことはあるでしょうか
?日本ではあまりなじみのない言葉ですが、実は人と接する上でとても大事なことなのです。

同じような言葉で「テレパシー」という言葉がありますね。
すべて似ているようで微妙にニュアンスが違います。
今から解説していきますので参考にして下さい。

シンパシーとエンパシーの意味・語源とは?またその能力とは?

  • シンパシー「思いやり」「同情」「共感」
  • エンパシー「共感」「感情移入」

シンパシーの意味・語源

「シンパシー」とは英語で「sympathy」のことで、
基本的な意味は「思いやり」「同情」「気の毒に思うこと」
また「共感」や「共鳴」
といった意味になります。

「シンパシー」は相手を哀れに思うよう「同情」のニュアンスで一般的に使われていますが、元となっている「共感」「共鳴」の気持ちが多く含まれているのが特徴です。相手の状況や考えを理解し「思いやり」を持ってはじめて意味をなす言葉です。

語源はギリシャ語?

「シンパシー(sympathy)」の語源はギリシャ語で
「syn(共に)」と「pathos(苦痛)」という意味の2つの単語が組み合わさって出来た言葉です。

苦しみを共に感じれることから「同情」という意味が誕生したんですね。

エンパシーの意味

「エンパシー(empathy)」 は「シンパシー」と同じように
「共感」「共鳴」「人の気持ちを理解する」という意味がありますが、
「同情」という意味で使われることはありません。

「エンパシー」には「感情移入」という意味も含まれていて、「哲学」や「心理学」、また自己の感情を表現する「美術学」の世界で使用されていることが多い言葉です。

一例ですが、「共感する」「共感が湧く」などのポジティブで前向きなニュアンスの時は「シンパシー」ではなく「エンパシー」を使うのが理想です。

テレパシーは違うの?

「テレパシー」は、「遠隔精神反応」のことです。
「遠隔精神反応」とは、「視覚・聴覚などの感覚的手段によることなく、ある人の感情や思考内容が直接他の人に伝達されること」
また、「その能力や精神反応」もことをいいます。 つまり、五感を使用せずに相手に心を伝達することを「テレパシー」といいます。

シンパシーとエンパシーの使い方

上でも説明したようにシンパシーは「共感」「同情」「思いやり」といった意味で使われることが多いですが、相手の状況や状態が「あまり良くない時」に使うのが一般的です。

そのため「シンパシー」は相手が幸せで、何の不安もない状況に対してはほとんど使われず、同じ「共感」でも、この時は「エンパシー」を使いのが適切です。

「シンパシー」は相手が悩みや疑問を抱え、心の状態が良好ではない時に、相手の心情や気持ちを察し、共感するため「同情」というニュアンスが強くなっています。

正し、英語の「sympathy」には 「お悔み」という意味で使われることがあります。日本では使用されていない意味なので、英語圏に行った際は気を付けましょう。

エンパシーを使う際の注意点

「エンパシー」は他人が抱えている感情をそっくりそのまま自分のものと感じる能力のことを言います。

「共感、共鳴」とう意味で使用してもいいのですが、相手と同じ体験、同レベルの経験をしたことがない場合に関しては、適切とは言えなくなります。

あくまで「相手の気持ちを感じ取る能力」です。

使用する際は気を付けましょう。

例文

  • 私はこの小説の主人公にシンパシーを感じた
  • この人の作品にはシンパシーを感じる。だからファンになった
  • あの人の発言にシンパシー感じずにはいられなかった

現代のリーダーにエンパシーが求められるワケとは?

現代のリーダーはなぜ”エンパシー”が求められるのか?
海外では、カリスマ性や牽引力のあるリーダーではなく、” エンパシー “の高いリーダーが求められる時代になりました。

その理由は、海外の会社には部署やチームに色々な国籍の人が在籍していて国際色が豊かになっているからです。
当然ですが、国が違えば価値観も違います。

「カリスマ性」や「牽引力」という力はリーダーにとって必要に感じますが、この2つだけでは、中々まとめることが出来ないのです。

そこで求められるのが、相手の気持ちを理解し、汲み取ることができ、感情移入できる能力 ” エンパシー ” が必要なのです。

どうして “シンパシー” ではなく ” エンパシー ” なのか?

例えば、仕事に行き詰まっている部下が相談してきたとします。
” シンパシー ” が強い人は、過去に自分が大変だった時のことを思い出し、その感情から話が脱線して自分の苦労話などを話しはじめてしまいます。

ところが ” エンパシー ” の気持ちが強い人の場合は、相手と自分の気持ちを重ねあわせ悩みを分かち合うので、親身になって相談に乗ることができます。
また、” エンパシー ” が強い人は人の気持ちを察することに非常に長けています。

そのため、これまで理想のリーダー像とされていた、「カリスマ性」や「牽引力」とは真逆なのかもしれませんね。

” エンパシー ” が強いリーダーはチームメンバーひとりひとりの気持ちを汲み取り、チームをまとめていくことができます。

まとめ

「シンパシー」と「エンパシー」
似ているようですが、微妙に違う。

それぞれの使い方で、状況に合わせて使ってみてください。

そしてリーダーになることを考えている人は「エンパシー」について知っておくといいですね。日本はまだまだ国際色が薄いですが、外国人労働者も増えてきている状況です。

いついかなる状況でも対応できるように日ごろから意識して準備しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA