仕事が嫌になる7つの理由とは?【一人じゃない、仕事が嫌なワケ】

しゅん

あなたは「仕事が嫌」と思っていませんか?
実は…仕事が辛くて悩んでいるところです…。

サラリーマン

「仕事が嫌…。」「仕事が辛い…。」「もう行きたくない…。」

というように仕事で悩んでいる人が多くなっています。

転職が当たり前の時代になり、一つの会社に対する思い入れは薄くなっているようにも感じますが、せっかく就職したなら楽しく仕事をしたいものですよね。

この記事では、根本的な部分である、「なぜ仕事が嫌になってしまうのか」というところに着目してお話していきます。

多くのサラリーマン、社会人の人が抱える悩みとは、
一体どんなものなのでしょうか?

仕事が嫌になる7つの理由とは?【一人じゃない、仕事が嫌なワケ】

仕事が嫌になってしまう理由は大きく7つあります。

その主な理由がこちらです。

  • ①お金に関する嫌
  • ②人間関係が嫌
  • ③仕事内容が嫌
  • ④労働時間が嫌
  • ⑤経営理念・社風が嫌
  • ⑥評価制度が嫌
  • ⑦シンプルに仕事が嫌

①お金に関する嫌

最も辞めたい理由が多いのが「お金」の問題です。
生活に深く関わってくる経済問題で自分の給料に不満がある人も多いのではないでしょうか?

「給料が低い」「ボーナスがない」「年俸制だ」

など不満が多くなっているのも確かです。
ボーナスに関しては業績に応じてという企業も多くなっていますね。

毎月の給与をモチベーションに頑張ってる人は「給与が低い」「給与が下がる」
となるとモチベーションも下がってしまいますね。

給料の低さは人によって感じ方が違うと思います。
自分の住んでいる家賃や固定費によっても変わってくるので一概には言えませんが、東京都心が勤務地で手取り金額が20万円を下回るなら相場よりは低いです。
もちろん職種や業界にもよります。

何より大事なのは給与額と自分の価値がマッチしているかを考えましょう。

給与・収入=自分の価値です。

簡単に言うと給与とは労働の対価ではなく、その人が与えた価値で決まるものです。

ここを理解していないと「給料が低いから」という理由で転職をしても同じことを 繰り返すだけになってしまいます。

②人間関係が嫌

仕事をする上でとても大事な要素ですね。

週に5日、1日8時間を共にする人との関係が悪いと会社に行きたくなくなる理由も分かります。嫌な上司・経営陣、言うことを聞かない部下・後輩、お局さんと職場にはいろんな人がいます。

無理に愛想を振りまいても自分がしんどくなるだけです。

辞めたい理由として、「お金」と並んで多い「人間関係」。

ほんの些細なことが重なりストレスになる場合も多く、
あからさまな嫌がらせや露骨な態度など理由は様々です。

人間関係を気にしないのが一番ですが、
一度考えてしまうと中々頭から離れずに仕事に集中できないこともあります。

「人間関係」は部下が上司に思ってるだけでなく、上司が部下に思ってることもあります。
「あいつ言うこと聞かない」「何回も同じミスをする」「返事が適当」など少なからず不満があるのは自分だけではないということです。

③仕事内容が嫌

職種によっても違うと思いますが、

例えば営業の場合「売れ」と言われても売れないものは売れない!
「俺何やってんだろ…」とふとした瞬間思ってしまう。
「毎日同じことの繰り返しで嫌になってきた」など自分の思い描いていたキャリアとは違い、現実を見てしまった人が多いようです。

私も公務員時代、毎日「何やってんだろ」と思い退職を決意したものです。
仕事内容は自分が思ってたものとは違うケースがほとんどです。

また、希望の職種につけるとは限らないので不満がある人も多いでしょう。

よっぽどその仕事が好きな方はいいですが、
そうでない方はつらくなってしまうのも無理はありませんね。

④労働時間が嫌

平日は満員電車に揺られ、帰りは終電もしくは会社泊り。

そんな生活から休日は疲れて寝てしまうことが多くなり、家族サービスが取れなくなってしまったという悩みを多く聞きます。

仕事ばかりで付き合いも悪くなり、いろいろと悪循環に。
もっと「ワークライフバランス」を充実させたいと思う人が増え、福利厚生や労働基準の見直しを行っている企業が増えてきています。

私が何百社という企業を見てきて一つの目安にしているのが、
残業時間が50~60時間がブラック企業の境目です。
60時間を超え80時間ともなると世間的にいうブラック企業である可能性が高いです。

80時間というのは、月20営業日として1日当たり4時間の残業をしていることになります。
18時30定時と考えると22時~23時に終わるという計算なので辛いですね。

⑤経営理念・社風が嫌

会社にとって大事で社長や創業者の想いが詰まった経営理念が嫌と思う人が多いようです。

たしかに企業によっては経営理念を唱和したりと宗教チックな企業もあり、うんざりする人がいるのもわかります。

また、昔ながらの伝統や社風を大事にしていたりと、今の20代・30代には受け付けないものが多いのも事実です。

やはり入社前に企業ホームページなどを見て、
理念や社長の考え方は事前に理解した上で入社したほうが良いですね。

⑥評価制度が嫌

以外と辞めたい理由で多いのが「評価制度」についてです。
一生懸命頑張って取り組んだ仕事もまっとうな評価はもらえず、そんなことが続くと自然とやる気もモチベーションも下がっていくのが当たり前ですよね。

近年では、MBO・KPI・OKRなど企業や職種によって評価の基準が複数ありますが何はともあれ頑張った分は認めてもらいたいものですよね。

自分だけで評価されることもあれば、同期などの同じ社員で比較されて評価を
されると大概の人はやる気をなくしてしまいます。

⑦シンプルに仕事が嫌

何よりシンプルですね(笑)

理由なんかわからないけど、「とりあえず会社に行きたくない」「仕事をしたくない」という人も結構います。

毎週月曜日が憂鬱…
日曜日のサザエさんが仕事の合図…
常に辞めたいと考えている…

など上記6つのように明確な理由はないにしても仕事が嫌という事実には変わりありません。転職や採用のコンサルタントをしていて、最近20代を中心に多い意見です。

もはや最終手段ですね。

まとめ

いかがでしょうか。

みんな同じような悩みを抱えていますよね?
あなただけじゃありませんので心配はいりません

でも、どうすればこの悩みを解決できるのか?
それを次の記事で紹介していきます。

仕事は一日のほとんどの時間を占めているものなので
できれば楽しく、向上心を持ってやりたいですよね。

まずは自分の悩みを理解して、その解決策を考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA