【徹底解説】レッジョ・エミリア教育が人気のワケ/Google採用の幼児教育

「レッジョ・エミリア教育」をご存知でしょうか?

今、世界で注目を集めている教育法で、Google本社の社員が利用する付属幼稚園やアメリカのDisneyでも取り入れられていることから感心が高まっています。

今、世界で最も優れた幼児教育として話題となっている「レッジョ・エミリア教育」の全貌をお伝えしたいと思います。

世界で最も優れた幼児教育「レッジョ・エミリア教育」とは?

レッジョ・エミリア教育とは、第二次世界大戦後にイタリアにあるレッジョ・エミリアという小さな町で生まれた教育法です。

1991年のニューズウィーク誌に「幼児教育の国際的ロールモデル」として取り上げられたことをきっかけに世界各国に広まり、今世界で最も高く評価されている幼児教育です。

また、レッジョ・エミリア教育は、よくある「○○教育法」とは少し違い、教育者の哲学や、教育者としての理念とも言われています。

決まった型がないため、どこで受けても全く同じ教育が受けられるわけではありません。国や地域によって、形をかえて行うのが特徴的な教育法です。

レッジョ・エミリア教育の理念

レッジョ・エミリア教育の理念は大きく分けて3つあります。
それは「社会性」「時間」「権利」の3つです。

こうしてみると、規則に厳しそうな印象を受けてしまいますが、本当はその逆で子供たち一人ひとりに寄り添った考えなのです。

「レッジョ・エミリア教育」の指導者となったマラグッツィは自身の教育理論を後世に残していないため、レッジョ・エミリア教育のメソッドはありませんが、マラグッツィによる詩で有名な「100の言葉」は、レッジョ・エミリア教育の理念を象徴するものとされています。

子どもは100の言葉を持っている
けれど 99は奪われている

学校と文化が 頭と体を切り離す
彼らは子どもにこう言うのだ
手を使わずに考えなさい
頭を使わずやりなさい
よく聴きなさい しゃべってはいけません
楽しまずに理解しなさい

「100の言葉」より

レッジョ・エミリア教育の3つの特徴

  • プロジェクト活動
  • ドキュメンタリー
  • アトリエリスタ・ペタゴジスタ

プロジェクト活動

子供たちの社会性を重要視している「レッジョ・エミリア教育」では、プロジェクト活動と呼ばれる活動があります。

これは1つのテーマを数か月から長い時で1年をかけて掘り下げていきます。
テーマは子供たち自らが話し合って決め、そのテーマについて調べ、活動をしていきます。

日本の幼児教育と大きく異なるのが、保育士さんが指示するのではなく、保育士さんも一緒に参加し、子供たちと対等に話し合うことです。

話しやすいように4~5名のグループになり行うことが多いです。
時には意見が食い違ったりするときもありますが、何度も話し合いを重ねることで、お互いの意見を尊重する心が備わってきます。

それは協調性を育み、自主性を生み出していきます。

ドキュメンタリー

私が「レッジョ・エミリア教育」で最も画期的だなと感じたのが、この「ドキュメンタリー」という要素です。

どういったものかというと、子どもたちが活動する様子を写真や動画で撮影し、保存しています。その保存された写真や動画はパネルにまとめられ、みんなが見やすい場所に展示されます。

子どもたちは展示されたものを見て、活動を振り返り、次に生かす財産となります。保育士も一緒に見て、指導する際の参考にしたりします。保護者や地域住民といった来園者に活動を紹介するときにも使われています。

ここで、ドキュメンタリーの実例をご紹介します。
実際に使用されたものになります。

「マグネットがいっぱい1」色・形・数に関する知識の構築
一フェリックスとエレーナ 2011年8月17日水曜日一

エレーナは来てすぐにライトテープルの脇にいるフェリックスのもとに直行し た。四角や三角などの異なる形を見ながら、エレーナは「丸のかたちはないの?」 と尋ねてきた。しかし、丸の形がないと知ると、彼女は自分で丸を作り始めた のだ。彼女が三角形をつなぎ合わせれば円を作れる、という直感を持っていた ことに私は驚いた。

エレーナ:私は丸を作ったよ。今度は丸を分解していくの。
フェリックス:僕は四角を集めてる。これってマグネットなんだ。マグネット がいっぱい!エレーナは、円を作るために組み合わせた三角形をひとつひとつ指さしながら 言った。

エレーナ:青、だいだい、緑、だいだい、だいだい、緑。
フェリックス:これとこれは同じ色だ。 (だいだい色の三角形を2つ指し示し ながら) エレーナ:数をかぞえたいの? エレーナは三角形を指さしながら、フェリックスは指折りしながら、 2人で数 を数え始めた。フェリックスはエレーナが形を作るのに使うようにと、三角形 を1つ手渡そうとした。

エレーナ:それいらない!
フェリックス:そんなこと言うなよ!
ケンドラ:エレーナがどれが欲しいか教えてくれるわよ・言ってくれなくちゃ どれが欲しくてどれがいらないかわからないわよれ。

身延山大学仏教学会 レッジョ・アプローチによるドキュメンテーションの実例検討 (長澤市郎先生退職記念号)

アトリエリスタ・ペタゴジスタ

「レッジョ・エミリア教育」では2つの専門家がいます。
一つの園につき1人配置され、美術専門としてプロジェクト活動やドキュメンタリーの作成に携わる「アトリエリスタ」と呼ばれる人達。

一人で複数の園を担当するので、週に一回程度訪問し、教育のアドバイスや運営を支える教育専門家である「ペタゴジスタ」と呼ばれる人達。

「レッジョ・エミリア教育」はアトリエリスタとペタゴジスタに支えられて成り立っています。このような専門家が保育士や運営としっかり話し合いをすることで常に進化し続ける教育となっていますね。

欠かせない存在です。

レッジョ・エミリア教育を家庭で取り入れる場合

「レッジョ・エミリア教育」を受けさせたいと思っても、近くに導入している施設がないと難しいですよね。

そんな人もために家庭で簡単にできる「レッジョ・エミリア教育」を紹介します。

日常生活を一工夫して実施する

まずは、普段遊ぶときに使い道が多いものを使って遊ぶようにします。
すべてのおもちゃがダメというわけではないのですが、基本的に遊び方が決まっているものは避けましょう。

例えば公園に行った際には植物や枯葉、石を使って何か作ってみたりと想像力を働かせることに重きを置きます。

また、「レッジョ・エミリア教育」の特徴でもある「プロジェクト活動」や「ドキュメンタリー」についてですが、プロジェクト活動は休日などの予定を親御さんとお子さんで一緒に話し合って決めるなどして行います。

ドキュメンタリーは趣味でやっている人もいますね。
お子さんの何かに取り組んでいる姿を写真や動画の収めて見返す、また、ノートなどに書き記していくなどすればより再現度が高く効果的です。

MEMO
ドキュメンタリーを再現するときは、子供が発した言葉をそのまま書き留めましょう。

「レッジョ・エミリア教育」おすすめ本3選!

もっと詳しく「レッジョ・エミリア教育」のことを知りたい!
という方におすすめの本をご紹介します。

本を読んで、内容、概念を理解して家庭で取り組むのも良いですね。

驚くべき学びの世界

レッジョ・アプローチ 世界で最も注目される幼児教育

子どもたちの100の言葉

まとめ

googleも認めているとあって、注目度の高い教育法ですが、「レッジョ・エミリア教育」の考え方さえ、理解できれば家庭でも工夫次第で出来るのはいいですね。

近くに対応している施設がなかったり、通わすは難しいという方はまずは家庭で実践してみましょう。

自由の中に創造性や独自性が磨かれ、人とのつながりを覚えていく素敵な教育法です。日本だけの凝り固まった考え方ではなく、いろんな視点で物事を見て、発信する力をつける。それは社会人など関係なく、人としての価値を高めるものです。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA