webライターは未経験でも問題ナシ!憧れの在宅副業に正社員など

副業の中でも比較的稼ぎやすく自分のペースでできる仕事とあって、人気の高いwebライター。

経験・未経験に関係なく始めることができるのでとてもおすすめです。

実際にwebライターはどうすればなれるのか?
どんな仕事をしているのか?
など、これからwebライターに転身したいと考えている方にそのメソッドをお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

webライターとは?正社員と在宅副業の違い

webライターはその名の通り、ネット上に反映させる文章(記事)を書く仕事です。

もう少し詳しく言うと、企業が運営しているコーポレートサイトやwebメディアなどに掲載するための記事を書いたり、ECサイト用の商品紹介記事を書いたり、LP(ランディングページ)と言われるペラサイトの文章を書いたりします。

Webに関りがない方からすると聞きなじみのない言葉が並んでいるように感じるかもしれませんが、基本的には誰でもできる仕事です。

要するに企業のHPに掲載されているコラムのようなものを書くというイメージです。

そのため、雑誌や新聞といった紙媒体にものは書かないので、そこが普通のライターとの違いです。

紙媒体などはDTPライターなどと言われています。

①転職して正社員・バイトとして働く

ライターとして企業に雇用されながら働くのが一つです。

最近では企業が自社メディアを運営していることが多く、転職サイトや求人サイトにもwebライターを募集している企業がたくさんあります。

未経験でも正社員として勤務できるものもあれば、アルバイトとして自分の好きな時間でライティング業務をできるものもあります。

アルバイトでも正社員でも同じですが、企業に勤めるメリットとしては実際に教えてもらいながらお給料をもらえるところです。

お金をもらえてスキルも身につくので、今からライティングを仕事にしていきたいと考えている方はアルバイトでもいいので勤務してみるのもいいかもしれません。

②フリーランス・副業在宅として働く

もう一つはフリーランスとして働くことです。

企業に勤める場合と大きく違うのは、待っていても仕事が降ってこないことです。

もちろんですが、フリーランスの場合は自分で案件を取らないと一生仕事はないままで終わってしまいます。

では、どうやって仕事を取ればいいのか。

初めは「ランサーズ」「クラウドワークス」「ココナラ」あたりに登録して仕事を探すのがベストです。

ライティング業務以外にもいろんなジャンルの案件があるので自分の得意ジャンルで仕事を探すことも可能です。

3つの中でも比較的初心者の方でも始めやすいのが「クラウドワークス」です。

登録は無料なのでぜひ利用してみてください。

転職しない!副業在宅のwebライターに未経験からなる方法

どうすればwebライターになれるのか?

特に決まったルールはありません。
試験やテストがあるわけではなく、資格が必要なわけでもありません。

「今日から私はwebライターだ!」と言えばその日からあなたもwebライターです。

そんな感じなので、始めるのは非常に簡単な職種です。

では、実際に仕事にするにはどうすればいいのか詳しくお伝えしていきます。

仕事を取る【副業はここからスタート】

まず初めにするべきこと、それは「仕事を取る」ことです。

「いきなり!?」と思うかもしれませんが、いきなり仕事を取りに行くことをおすすめします。

先ほど簡単に紹介した、フリーランス向けのクラウドソーシングサイトが最近は充実しています。

未経験でもすぐに仕事を取ることが可能なので、まずは仕事を取ってそこから考える。くらいでいいと思います。

「失敗したらどうしよう…。」
と不安に思うかもしれませんが、私の経験上「未経験ですが、一生懸命勉強してスキルを磨いていきます!」と伝えて怒るクライアントはほとんどいません。

みんな頑張る人を応援してくれるので、未経験でも安心して挑戦してみてください!

未経験から副業にするための手順

この記事の前半でも少しお話しましたが、一番手っ取り早いのはクラウドソーシング系に登録する方法です。

まずは知識やスキルを身につけるには実践が一番です。

【STEP1】クラウドソーシングに登録

クラウドソーシング系も数多くありますが、ライターとして未経験から始めるならこの3つをおすすめします。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

他にもありますが、まずはこの3つに絞るのが良いと思います。

理由は、案件が多く情報も多いので初心者でも使いやすいからです。

基本的にはコンペ方式で自分のスキルや実績をアピールして仕事を取るものですが、初めはそんなものないので熱量と価格で勝負するしかありません。

「駆け出しですが、一生懸命勉強します!」
「文字単価0.2円でもいいのでやらせてください!」

など初めは金額を気にせず、とりあえず案件を取って実績を作るということに重きを置いて活動するのがベストです。

1つ経験してしまえばそれが実績になるので、その後案件を取りやすくなります。

【STEP2】得意ジャンルを決める

webライターでも書く内容のジャンルは様々です。

転職系やアウトドア関連・ビジネス系・コスメ系・ダイエットなど、ありとあらゆるジャンルがあり、初めは自分の得意とするジャンルを決めて注力することをおすすめします。

慣れてくると幅広いジャンルの記事でも書けるようになるのですがはじめは知らないジャンルだと本当に筆が進みません。

時間も勿体ないので、初めは自分で決めたジャンルに的を絞るようにしましょう。

webライターに必要な知識【在宅・副業の方は必見】

まずwebライターとして稼ごうと思った時に勉強しておかなくてはならないことがあります。

それがこちらの3つになります。

  • webライティングの特徴
  • SEO知識
  • 交渉力

webライティングの特徴

まず知っておきたいのは「webライティングの特徴」です。

雑誌や新聞などの紙媒体、広告コピーなど、ライティングと一言で言ってもいくつかの種類があります。

全てに共通していることは、当たり前ですが日本語が正しく使えないといけないことです。

中でもwebライティングは場合によっては、話し言葉でフランクな表現で書くこともあるのが特徴です。

また、webライティングはスマホで見られることが多いのでスクロースして流し読みされることが考えられます。

そこを考慮して読みやすい文章や簡潔な文章構成にするなど、他のライティングとは違った工夫が必要になります。

SEO知識

WEBライティングで大切なのはSEOの知識です。

SEOとは、Googleなどの検索エンジンで上位表示されるようにキーワードや構成を調整し対策することを言います。

いわゆるGoogleで検索したときに1ページ目に表示されるようにすることです。

SEOで重要になってくるのが、「キーワード」です。
上位表示が見込めるキーワードを選定してタイトルや見出しに入れること、また同じキーワードで上位表示されている記事やサイトがどんなものなのかをチェックすることも大切です。

キーワードとは何でもいいわけではなく、きっちりと調べた上で選定しなくてはなりません。

WEB初心者には難しく聞こえるかもしれませんが、キーワードを選定するためのツールは無料のもので十分なので初心者の方でもすぐに慣れると思います。

交渉力

交渉力も必要なスキルになります。

なぜ「交渉力」が必要なのかと言うと、未経験からwebライターを始めると初めのうちは単価が非常に安いです。

そのため、交渉をして価格をアップしてもらう必要があります。

文字単価も標準は1円程度ですが、スキルがついてきて交渉すれば1.5円、2円とどんどん上がっていきます。

いくら稼ぎたいかにもよりますが、ずっと低い単価で記事を書き続けていると、精神的にも辛いので早く記事を書いてスキルを身に着けて価格アップ交渉をしましょう。

フリー・在宅副業で稼ぐためにやるべき3つの勉強

ここからは具体的にどうやって勉強すればいいのかをお伝えしていきます。

企業にライターとして就職する、セミナーやオンラインなどで講座を受けるという手段もあるのですが、今回はあくまで独学で学ぶ方法をご紹介します。

  • 本を読んで勉強する
  • 自分でブログ運用
  • Google上位10記事を読みまくる

本を読んで勉強する

一番手っ取り早いのは本を読むことです。

ですが、書店にはいっぱい本が並んでいて、どれを買えばいいのか分からないという方も多いと思います。

そこで、「これさえ読めば大丈夫!」という本を2冊ご紹介します。

とりあえずこの2冊を読めば問題ありません。

沈黙のwebライティングはボリュームがありますが、会話形式や漫画形式なのでスラスラ読めて、とても勉強になる本なのでおすすめです。

自分でブログ運用

上で紹介した本を読み終わった、もしくは読みながらでもいいので、自分でブログやアフィリエイトサイトなどを立ち上げて記事を書くことをおすすめします。

はてなブログやアメーバブログなど無料のサイトを立ち上げて実際に記事を書くのが一番の練習になりますし、実績にもつながります。

理想はwordPressを立ち上げてサイトを作ることです。

webライティングの案件を取る時に納品が「wordPressに入稿」ということが多いのでwordPressの使い方を知っているとスムーズに案件を取ることができます。

また、提案や交渉する際も「wordPressにて〇〇記事執筆経験あり」と言う風に自分が今まで書いた記事数をアピールできるので受注率の向上にもつながります。

まずは自分で書いてみることが重要です。

Google上位10記事を読みまくる

自分でブログなどを書くとき、すぐに書くのではなく検索キーワードで出てくる上位10記事を読んでみてください。

10以内に入っているということはSEOがしっかりしている証拠です。

企業が運営しているメディアの場合は、お金をかけて作成していることが多いのであまり当てにはなりませんが、個人で運用しているようなブログやアフィリエイトの記事はよく読んで勉強しましょう。

タイトルの付け方や見出しの書き方など、学ぶことが多いと思います。

まずは人の書いた記事を読みまくることから始めましょう。

まとめ

wordPressには無料テーマと有料テーマが存在します。

できれば有料テーマで自在にカスタマイズしながらサイトを構築していくのがベストですが、無料テーマでも最近のテーマはキレイなデザインに仕上がるので問題ありません。

何より始めてみることが大切です。

webライターは自分の書いた分だけ収入になるので頑張りしだいでは結構稼げるようになります。

お給料をもらいながら勉強したい方は転職して正社員に、副業として始めたい方はこの記事の勉強法などを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA