リンクビーの評判とは?【発達障害の就労支援/アットジーピー】

最近になってよく耳にするようになった『発達障害』
先天性のものが多いといわれていますが、大人になって社会人として働く際に困ったことや悩んだことがある人も多いのではないでしょうか?

悩んでいるのは一人ではありません。
今、日本に数多くの人が「発達障害」を苦しんでいます。

そんな悩みを解決するために生まれた「発達障害」を専門とする就労移行支援サービス【リンクビー】を紹介します。

【発達障害】リンクビーの評判とは?アットジーピーatGP


【リンクビー】 は発達障害専門の就労支援サービスです。
「大学は卒業したけど、一度も職に就いたことがないからイメージがつかない」「一度就労したが、うまくいかなかった。自分にできることを生かす仕事はないのか」「アルバイトを長くやっているが、そろそろ正規雇用として働いたほうがいいのか」など、人それぞれに悩みがあるものです。

リンクビーは就労経験がある・ないに関係なく、一人ひとりに対応した方法で就労サポートしていきます。

リンクビーの強み・メリット

  • 東京・大阪で就労実績No.1
  • 15年以上も続く安心のサポート体制
  • 障碍者転職サービス【atGP】との連携

東京・大阪で就労実績No.1

【リンクビー】 は主に首都圏・関西圏に展開しているサービスです。

平成27年度の厚生労働省の調査で、東京・大阪での就労実績がNo.1となりました。また、就労後の定着率は90%と業界でもトップクラスとなっています。

「就労するのはいいけど職場になじめるか不安」などの方も安心して任せられますね。

15年以上も続く実績と安心のサポート体制

リンクビーは15年にも渡り、発達障害者の就労・転職を支援をしてきています。

その実勢は申し分なく、サポート体制も充実しています。
発達障害者専門のカリキュラムを作成、コミュニケーションスキルの習得や自分の個性などを把握するためのトレーニングなど実践的な職業トレーニングを積むことで、不安を解消することにつながります。

障害者転職サービス【atGP】と連携

リンクビーの運営会社である、「株式会社ゼネラルパートナーズ」は障害者転職サービスの最大手【atGP(アットジーピー)】も運営しています。

そのため、転職支援の連携サービスを受けることが出来るので、精神的にも支えられ、大きなメリットになると思います。 

また、【リンクビー】 は発達障害を専門としています。障害には大きく分けて3つ、「身体障害」「精神障害」「知的障害」があります。発達障害は「精神障害」に該当します。

その発達障害を専門として扱いを熟知しているのは安心材料の一つです。

利用者の体験談(評判・口コミ

一度は仕事に就いても、中々うまくいかない、そう悩んでいる人が多くいます。

ここでは、【リンクビー】 を利用した人の声を載せていますので参考にしてください。

私は、幼少期(3歳頃)に発達障がいと診断されていたにも関わらず、興味本位で去年一般枠の営業で働いていました。
しかし、障がい特性の一つである「空気や周りの状況を読むことが出来ない」ことがきっかけで、相手(クライアント)の意思やニーズを汲み取りながら成約を結ぶ事に当時は大苦戦しておりました。
これらの問題もあり、ハローワークの方と相談して退職することになりました。

その後、ハローワークの方と再び相談をして障がい者枠として就職活動を行なう事を決めたものの、その前に「リンクビー秋葉原」の就労移行支援事業所で①障がい者枠での業務経験、②自身の障がいを知り理解する、以上の2つを訓練を通じて養うよう伝えられ、リンクビー秋葉原への通所を決意しました。

通所してからまず始めに3ヶ月間はプログラム参加をメインに行なっていましたが、私自身の社会人経験が非常に浅いということもありPCを使った作業においては「業務スキル」ではなく、「趣味・特技」の領域としてその場を乗り切っていくしか無かったので、正直なところ大変ではありました。

しかし、何回も異なる業務や研修を体験していくうちに、周囲の方(職員と利用者)とも次第に打ち解けられるようになり、周りと相談を繰り返していった事により一つ一つこなしていけるようになっていきました。

20代・男性 広汎性発達障害 「リンクビーブログ」より

就職活動を本格的に始めたのは、7月頃でした。プログラムの研修にも慣れてきて、コミュニケーションも比較的取れているとのことから、就職活動を開始しました。
しかし、自分の障害特性や障害に対する配慮事項が自分の中ではっきりとまとまっておらず、最初はどのように面接で伝えれば良いかということに悩みました。

また現実問題、「社会経験の浅さ」や「事務職の経験値が劣る」ということが原因で、最終ゴールまで届かなかったこともありました。
そのような中でも、atGP(アットジーピー)の担当の方との模擬面接やリンクビーの職員の方との面接練習がとても為になり、いただいたフィードバックを自分なりにまとめて記録していました。

面接を重ねるにつれて、先行きの見えない不安に向き合うようになりました。
今思い返せば、これも良い訓練だったと感じています。残念な結果が続く中でも、企業様の方からとても良い評価をいただくケースが少しずつ増えてきました。私の中に、かすかな自信が芽生え、最終的には今回就職することになった企業様から内定をいただくことができました。

20代・女性 ADHD・うつ病 「リンクビーブログ」より

こんな人におすすめ!

  • 働きたいきもいがある人
  • 一般的なサービスに不安がある人
  • 自分の個性を引き出したい人

働きたいという気持ちがある人にはおすすめです。「一度は就労してみたい」「もう一度挑戦したい」その気持ちだけで十分です。

一般的なサービスでは不安という方もリンクビーのように発達障害を専門としている就労支援サービスだと安心です。一人ひとりの個性を引き出し、仕事につなげる、そのためのトレーニングなどをきっちり実践してくれるので不安がある人は話だけでも聞いてみてはいかがですか?

発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

まとめ

まだまだ、世間での知名度は低いですが、近年はメディアでも取り上げられるようになり少しずつ広まってきているかと思います。

仕事で失敗した経験があるから怖くなってしまったという声も良く耳にします。ですが、人それぞれ生まれた環境も違えば、育った環境も違います。感じ方や考え方が違って当たり前です。

自分の価値観を押し付けない、”自分の常識を疑って、人の価値観を尊重する”ような人が増えると嬉しいです。

それでは、皆さんの人生がよりよくなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA