フリーランスとは?意外と知らない定義【個人事業主との違いとは】

「フリーランスって?」
この記事は今からフリーランスとして活動を考えてる人や
フリーランスについて知っておきたいという方に向けたものです。

「フリーランスの定義は?」
「個人事業主と何が違うの?」

近年、耳にすることが多くなってきた「フリーランス」という言葉
ですが、フリーランスの意味をしっかりと理解してる人は少ないのではないでしょうか?

また、個人事業主とは何が違うのか。
今からフリーランスとして活動をしようと考えてる方は、
それぞれの意味や仕事の取り方など必見です!

フリーランスとは?意外と知らない定義【個人事業主との違いとは】

「フリーランス」とは、会社や組織などの団体に属することなく、個人で仕事を請け負う働き方のことをいいます。自分の技術やスキルなどのコンテンツを提供し、その対価としての報酬を受け取るという仕組みになっています。

「free」=自由
「lance」=槍

ヨーロッパせ契約を交わし、仕えた騎士を当時の主流武器である槍にちなんで、フリーランスと呼んだことからきているとも言われています。

注意
フリーランスはあくまで自由業であり企業に雇用されていません。そのため、労働基準法などの労働法規が適用されませんので注意しましょう。企業に雇用されていると守られていた「労働時間」や「最低賃金」「年間休日」「有給休暇」などは誰も確保してくれないので自分で設定する必要があります。つまり、独立した一人の事業主として、ほとんどが自己責任となります。

個人事業主とは?

「個人事業主」とは株式会社や有限会社、合同会社などの法人登記をせずに、個人で事業を行ってる人を言います。

法人と違って、個人事業主の場合は開業届だけで登記代がほとんどかからないということでまずは個人事業主からスタートする人が多いです。

MEMO
納税に関しても、「個人事業主」は所得税・住民税などか課せられ「法人」は法人税が課せられるようになります。

フリーランスと個人事業主の違いは?

フリーランスと個人事業主がごっちゃになってしまうことが多いですが、
分かりやすく言うと「フリーランス」は”働き方”「個人事業主」は”税務上の区分”といった感じです。

開業届を税務署にきっちりと申請を出せば個人事業主となります。
なので個人事業主の中にフリーランスが含まれることもありますが、必ずにも
フリーランス=個人事業主というわけではありません。

なぜフリーランス人気なのか?

  • 自分のスキルに応じて報酬を得られる
  • 長期的なキャリアが見込める

自分のスキルに応じて報酬を得られる

相手が求めるスキルさえあれば、フリーランスとしてサラリーマンの平均的年収を上回ることは容易にあり得る話です。現に1000万円を超えているフリーランスが多いのも確かです。「働いた分だけ報酬がある」というわかりやすさも、フリーランスで仕事をする上での大きなメリットになりますね。

長期的なキャリアが見込める

フリーランスには当たり前ですが定年がありません。
クライアントからの案件に答えれるスキル・体力があればいつまででもできるのがフリーランスの特徴です。自分の力で稼ぐという力が備わるので安定した収入を得ることが出来ます。そのため長期的なキャリアを見込めるというメリットがあります。

フリーランスによくある職種

  • エンジニア
  • デザイナー
  • コンサルタント
  • ライター

おもに一般的なのは上記の4つです。
その他にもイラストレーターや編集者など細かくわけるといっぱいありますが、基本的に案件が多いのはこちらの4職種です。

フリーでエンジニアになりたいがために、プログラミングスクールや講座を受ける人も多くなっていますね!
需要が高く、収入面でも安定さすことができるので人気です。

デザイナーも人気で最近では、クラウドワークスやココナラなどでも
webデザイナーとして活躍してる人は多くなっています。

コンサルタントは年収で800万円または1000万円以上を見てる方におすすめの職種です。経験やスキル、実績があれば案件もすぐに見つかるはずです。

ライターは新聞社や出版社から依頼を受けて執筆しますが、ライター自身が企業に営業をかけて仕事をもらうケースもあります。
ルポライター・ブックライター・コピーライターとライターの中にも様々な専門があるのも特徴です。

フリーランスとは?【仕事に困らないおすすめ案件紹介サイト6選】

フリーランスになるまでの3ステップ

さあ、いざフリーランスになろうと思っても何をしていいか分かりませんよね?
ここでフリーランスになるのでの手順を紹介します。

①事前準備(クレジットカード・保険の切替)

まずは事前準備としてクレジットカードを作っておきましょう。
すでにある人は大丈夫ですが、出来るなら現在は使用してないカードを使用するのがベストです。

車・住宅などでローンを組む予定がある人は雇用されているうちに組みましょう。フリーランスでは審査が通らない可能性があります。

また、厚生年金から国民年金に切り替わるので手続きを行いましょう。
健康保険も国民健康保険に変わるのでこちらも役所で手続きを行います。

開業届と青色申告承認申請の準備

フリーランスとして活動するには「個人事業の開業・廃業等届出書」という開業届を提出します。近くの税務署でももらえますし国税庁のwebサイトからもダウンロードできます。提出時期は『事業の開始等の事実があった日から1ヶ月以内』です。

また、確定申告時に青色申告を選択する場合、開業届を提出する際に「青色申告承認申請」もまとめて手続きしておくと後々楽になります。
青色申告を選択すると、最大65万円の特別控除のメリットが受けられます。青色申告承認申請書は開業届同様、近くの税務署か国税庁のホームページからダウンロードできます。こちらの提出は『事業開始の日から2ヶ月以内』が期限です。

③必要品を揃え、開始!

会社と違い、身の回りの物や仕事ツールはすべて自分で用意する必要があります。仕事で使う物からまずは一式そろえて準備しましょう。

ここまで準備が出来れば、あとは開始するだけです。

まとめ

いかがでしたか?

「フリーランス」と「個人事業主」の違いから始まり、
フリーランスになるための手順まで解説してきましたが、意外とフリーランスになるのは簡単だなと思いませんでしたか?

そうなんです。フリーランスは特に高いハードルがなく、
誰でも始められるものなので挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

それでは、あなたの人生がよりよくなりますように。

フリーランスとは?【仕事に困らないおすすめ案件紹介サイト6選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA