考え方の違い【出来る人と出来ない人の考え方の違い5つとは?】

「人生幸せにしたい!」

仕事も恋愛も私生活も、すべてにおいて充実した幸せな人生を歩みたい!

…しかし、「職場では仕事ができなくて毎日行くのが辛い…。」
「いつもネガティブに考えてしまう…。」

という幸せには少し遠い人生を歩んでる人も少なくありません。

「いつも元気で幸せそうな人」「仕事ができる人」は
どのような考え方をしているのか気になりませんか?

この記事では、今の生活を変えるためには、
どのように考え方を変えればいいのか、また、幸せな人はどのような考え方をしているのかをお伝えします。

考え方の違い【出来る人と出来ない人の考え方の違い5つとは?】

  • やらされている感覚がない
  • 与えられた環境で最善を尽くす
  • 何事もポジティブに変換
  • ちょっと欲しいよりとても欲しい
  • 誰か(何か)のせいにしない

やらされている感覚がない

仕事ができる人にとって、「やらされてる」という感覚はありません。

多くの人は、職場での仕事は「やらされてる仕事」になっていることが多いですよね。これでは、楽しくもありませんし、気持ちが上がってくることもありません。

私もずっとシュレッダーで裁断しているとき、
「何なってんだろ。」と思っていたものです(笑)

ですが、中には仕事を楽しそうにしている人がいますよね。
そういう人達は何を考えて仕事に取り組んでいるかと言うと、やらされてる感覚がないんですね。

もっと言うと、「自分で決めている」のです。

どういう事かと言うと、人から言われて仕方なくやるのではなく、
自分で決めて仕事をしているのです。

自分で選択をして仕事をやっているので、やらされてる感覚がないんですね。

それに加えて、+αで行動を追加している人もいます。
言われたこと+自分で考えて行動をすることで、周りの評価も上がり、自分自身も楽しく仕事ができるようになります。

「やらされる」から「自分で決める」に変えていきましょう。

与えられた環境で最善を尽くす

2つ目は「与えられた環境で最善を尽くす」です。

環境に文句を言っても何も解決しません。
今の与えられた環境、状況でいかに最善を尽くすか、
それを考える必要があります。

今起こっているコロナウイルスによる緊急事態が良い例ですよね。
この状況であーだこーだいう人もいれば、この状況でも自分にできることを探して前を向いてる人がいます。

どちらが幸せになるかはさておき、
周りから信頼されるのはあきらかに後者ですよね。

与えられた環境でどう自分の実力を発揮するか

それを考えて行動していると、自然と景色は変わってくるはずです。

何事もポジティブに変換

3つ目は「何事もポジティブに変換」できることです。

プラスの言葉よりもマイナスの言葉のほうが人間に与える影響は大きいといわれています。

ずっと文句を言ってる人や
ずっと愚痴しか言わない人と一緒にいると疲れますよね。

あなたもそうなっているなら注意しましょう。

人間悪いことには目を向けますが、良いことにはあまり目を向けようとしないものです。

良いことにも目を向けてポジティブに物事を考えたほうが、
気持ちよく生活できると思います。

まずはポジティブに考える。

それだけで大きく変わってくるはずです。

ちょっと欲しいよりとても欲しい

4つ目のこちらは、大きく人生を変えたいという方に向けた内容になります。

今までの自分の行動や、今部屋の中にあるものを見渡してください。

あなたの部屋にあるものは「本当に欲しいもの」ですか?

ちょっと欲しいなと思って買っては見たけど、ほとんど使わなかった。
でも、捨てるのはあ勿体ない。

そう思ってずっと部屋の中にあるものはありませんか?

何が言いたいかというと、「本当に欲しいもの」を手に入れたいなら
「ちょっと欲しいもの」ばかりに目が行ってると手に入らないものです。

「本当に欲しいもの」それは”成功”なのか”幸せ”なのか分かりませんが、
あなた自身が決めたことに向かってまずは集中して突き進んでみてください。

誰か(何か)のせいにしない

最後にお伝えするのは「誰かのせいにしない」ということです。

人間とは弱いものです。自分に都合の悪いことがあったり、嫌なことがあると、すぐに誰かのせいにしたり、何のせいにしたりします。

例えば、ダイエットするために今日から毎日30分のランニングをすると決めたとしましょう。そしていざ家を出ると、大雨が降っている。

あなたはどうしますか?

多くの人は「今日はやめよう」「明日からにしよう」
と諦めてしまうのではないでしょうか?

これがいわゆる「天気」のせいにした状態ですね。

恐らく、自分い強い人は、たとえ雨だろうと、雪だろうと、強風だろうと自分で走ると決めたなら必ず走るはずです。

そこに天気は関係ありません。

このようにできる人、幸せになる人は
「誰か(何か)」ではなく「自分」と戦っているのです。

この考え方はとても重要なことです。

少し自分の行動を振り返ってみてください。

まとめ

いかだでしょうか。

今日、明日からできるような簡単な誰にでもできる考え方ですよね。

ほんの少しの変化でいいんです。
その少しの変化がいづれ大きな変化へと変わるはずです。

上記の5つの中で1つずつでもいいので実践してみてください。

それでは、あなたの人生がよりよくなりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA