フリーターの転職は余裕です!おすすめの転職エージェントを紹介

フリーターの転職は難しいと思っていませんか?

正直、全くそんなことないので安心してください。
もちろん転職をなめてかかってはいけませんが、フリーターという立場をそこまで卑下する必要はありません。

よっぽどでなければ普通に転職することは可能なので、今回はフリーターの転職活動の仕方やおすすめの転職エージェントなどを紹介していきたいと思います。

これから転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

なぜフリーターの転職は難しいのか?

なぜフリーターの転職が難しいと言われているのか。

それは単純に企業が抵抗を感じるからです。
「社会人としての生活リズムができてない」
「仕事に疲れてすぐに体調を崩す」
「常識がなさそう」
など理由はさまざまですが、マイナスに思われることが多いのが現実です。

フリーター期間が3年以上になると少し転職へのハードルが上がりますが、最終的に企業は経歴ではなく人で判断をします。

フリーターだからと言って一概に転職が難しいということではありません。

フリーターの転職回数にアルバイトは加算される?履歴書の書き方

「転職回数が多いと転職に不利」
そのため、アルバイト歴を履歴書に書くかどうか迷っている方も多いと思います。

転職は3回までと一般的には言われていますが、正直そこまで重要視するポイントではありません。

なぜなら企業は正社員の募集の時には正社員としての経歴のみを見ているケースが多いからです。

正社員としての経歴が少ない、もしくは無い方はアルバイトの経歴を記載しても良いのですが、合否に影響はないということを頭に入れておきましょう。

30代フリーターは転職できるのか?

30代フリーターでも転職はできるのか?

答えは「できます」。

職歴が一切ない場合はハードルがだいぶ上がり、応募できる求人も限られてしまいますが、10代・20代で何か経験していればブランクがあっても問題なく転職はできます。

30代で未経験となると、フリーター以前に正社員からの転職でもハードルが上がるため難しくなってしまいます。

面接で必ず聞かれる転職理由5選!事前に準備しておこう

フリーターから転職する際の面接は聞かれることがほとんど決まっています。

ということで、必ず聞かれる質問をまとめたのでしっかり押さえておきましょう。

  • なぜフリーターだったのか?
  • フリーター時に経験したアルバイトは?
  • なぜ転職しようと考えたのか?
  • 志望動機を教えてください
  • あなたの強みを教えてください

なぜフリーターだったのか?

これは必ず聞かれます…。
「なぜフリーターだったのか?」

正直に答えるのが一番なのですが、面接官はその人の“働く姿勢”を見ています。

普通に考えれば分かるのですが、「働くのが面倒臭かったから」と答えた人を合格にするでしょうか?

面接官も「まじめに働いてくれるのかな?」と疑ってしまいます。

そのため、前向きな回答をするのが一番理想的です。
例えば、「目指したいことがあったから」や「目標があってフリーター期間も勉強していたが、自分の実力では現実的ではないことに気づいた」
など“働く意欲”はあるよと言うことをアピールすると印象も良くなります。

フリーター時に経験したアルバイトは?

この質問には落とし穴があります。

ただ単に「飲食店で働いていました」と言うだけではダメです。
面接官が知りたいのは“その経験をどう活かすのか”です。

どんなアルバイト・パートをして、どんな辛いことがあって、どんな乗り越え方をして、それをどう活かすのか。

これを伝えるだけで、アルバイトやパートに限らず仕事に熱心に向き合っていることが面接官にも伝わります。

その中でコミュニケーションについて、接客業ならお客様への対応など独自の経験を交えたエピソードがあると尚良いです。

なぜ転職しようと考えたのか?

正直に「給料…待遇…」と言いたいところですが、それをグッとこらえてもう少し前向きな回答をしましょう。

「責任感のある仕事がしたい」「仕事の幅を広げたい」などキャリアアップを目指すような回答で正社員になりたいという気持ちを伝えるのがベストです。

給料や待遇が目的だと、給料だけもらって仕事は適当にやる人だと思われる可能性があります。

仕事への前向きな気持ちを出すようにしましょう。

志望動機を教えてください

転職には外せない質問ですね。
志望動機に正解はありません。

毎年新卒の大学生がテンプレート回答を連発していますが、これは避けたいところです。

「企業理念に共感」や「ネームバリュー」などありきたりな回答ではなく、自分自身の言葉で話しましょう。

その際は、事前にホームページなどで情報を収集したり、実際にサービスを利用してみたりすることで具体的なエピソードを話せるようにするのがポイントです。

あなたの強みを教えてください

いわゆる自己PRです。
「自分には何も特技がない…」「強みがない…」と悩む方が多いですが、強みがない人はいません。

仕事で思いつかないなら学生時代の経験でもいいですし、ゲームが好きな方は集中力なども考えられます。

自分の普段の生活やこれまでの人生に強みは詰まっています。

転職をする上で自分を知るということはとても大事なことです。

フリーターの転職活動を支えるおすすめ転職エージェント

ここからはおすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは1つだけに絞らず複数登録することをおすすめします。
なぜなら転職エージェントの質は登録してみないと分からないからです。

登録してみてこのエージェントとは合わないなと思えば違う転職エージェントを利用すればいいのです。

いくつか登録をしてみて自分に合った転職エージェントを2つくらいに絞ると転職活動がスムーズに進みます。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント
  • ジョブワーカー
  • DYM就職

リクルートエージェント

言わずと知れたリクルートエージェントです。

求人数・実績と申し分ないサービスで、登録者数も業界トップクラスです。

総合型の転職エージェントになるので、業界や職種の幅が広く未経験歓迎の求人も数多く保有しています。

新しい可能性を発見することや新しいことに挑戦したいという方は登録必須の転職エージェントです。

マイナビエージェント

リクルートエージェントよりも若い層から支持を得ているマイナビエージェント。

20代の転職にはうってつけのサービスで、事務職やサービス業を中心にクリエイティブ業界の求人が多いのも特長です。

近年ではIT業界が注目を集めているので、そちらの道に進みたい方は登録をおすすめします。

リクルートエージェント同様に総合型の転職エージェントになるのでほとんどの職種・業界を網羅しています。

ジョブワーカー

ジョブワーカーはフリーターやニート専門の転職エージェントです。

職歴のない人でも転職できるように独自のネットワークで求人を紹介してくれます。

フリーターOKの求人と言ってもブラック企業はリストから排除されているので、怪しい求人はありません。

未経験歓迎の求人を多数保有しているので、これから転職・就職を考えている方におすすめのサービスです。

DYM就職

DYM就職の特長は、書類審査がないところです。

DYMとつながりのある企業を書類選考なしで紹介してくれるので、面接までの手間がありません。

企業によってはすぐに社長面接を実施するケースもあるので、すぐに転職したいという方におすすめです。

サービス自体はフリーターや第二新卒を専門としているので、フリーターの方も安心してサービスを受けることができます。

職歴や書類選考に不安がある方は登録必須です。

まとめ

フリーターからの転職はそこまで難しい話ではありません。

転職が当たり前になり、副業が当たり前になり、フリーターとして活動している方も多く存在します。

自分を卑下することなく、自信を持って転職活動を進めていきましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA